たくさんの自由帳

ねむい

本題

ライフサイクルのコールバックをActivity/Fragment以外のクラスで受け取りたいって話。

あると何がいいか

こんなふうなセンサーの値をとるクラスがあったとして、

/**
 * 加速度センサーの値取得クラス
 * @param activity Contextとるため
 * @param sensorChanged センサーの値が変更された時に呼ばれる高階関数
 * */
class GetSensor(activity: Activity, sensorChanged: (SensorEvent?) -> Unit) {

    private val sensorManager = activity.getSystemService(Context.SENSOR_SERVICE) as SensorManager
    private var sensorEventListener: SensorEventListener

    init {
        sensorEventListener = object : SensorEventListener {
            override fun onAccuracyChanged(p0: Sensor?, p1: Int) {

            }

            override fun onSensorChanged(p0: SensorEvent?) {
                // 値が変更された
                sensorChanged(p0)
            }
        }
    }

    /** 終了時に呼んでね */
    fun destroy() {
        sensorManager.unregisterListener(sensorEventListener)
    }

    /** 開始時に呼んでね */
    fun start(){
        // 加速度センサー
        val sensor = sensorManager.getDefaultSensor(Sensor.TYPE_ACCELEROMETER)
        // センサー登録
        sensorManager.registerListener(
            sensorEventListener,
            sensor,
            SensorManager.SENSOR_DELAY_NORMAL
        )
    }

}

MainActivity.ktあたりで使うとして、こうですね

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    private lateinit var sensor: GetSensor

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        sensor = GetSensor(this) {
            // X軸を出力
            println(it?.values?.get(0))
        }

    }

    // センサーの登録解除
    override fun onPause() {
        super.onPause()
        sensor.destroy()
    }

    // センサーの登録
    override fun onResume() {
        super.onResume()
        sensor.start()
    }


}

これの何が問題なのか

(activityじゃなくてcontextで良いだろ)

  • onPause()に書き忘れる可能性がある
  • GetSensorクラスで登録とか解除とかを自動でやってほしい
    • なんでActivityのonPauseとかに書かないといけないの?

ライフサイクル対応コンポーネント を利用して解決

これを使うと、

  • DESTROY状態になったら呼ばれる関数(べつにSTARTでも良いよ)
    • ActivityやFragmentのonPause()関数等がActivity/Fragment以外(自作クラス)でも利用できる!!!

ライフサイクルはクソなので助かる

なので書き直すと

LifecycleObserverを継承

LifecycleObserverは実は中身空っぽなので書き足すだけでいいです

class GetSensor(activity: Activity, sensorChanged: (SensorEvent?) -> Unit) : LifecycleObserver {

addObserver()

GetSensorクラスのコンストラクタの引数にlifecycle: Lifecycleを付け足します。

class GetSensor(activity: Activity, lifecycle: Lifecycle, sensorChanged: (SensorEvent?) -> Unit) : LifecycleObserver {

そしてinit{ }の中に以下の1行を足します

lifecycle.addObserver(this)

ライフサイクルに関係している関数に@OnLifecycleEventをつける

まず忘れそうなdestroy()関数につけましょう。
ちゃんとコメントも書き換えて、privateにしてしまいましょう(勝手に呼ばれるのでもう書く必要がないため)。

/** 終了時に勝手に呼ばれる */
@OnLifecycleEvent(Lifecycle.Event.ON_PAUSE)
private fun destroy() {
    sensorManager.unregisterListener(sensorEventListener)
}

それとセンサーを登録する関数も、ライフサイクルがResumeの状態になったら自動で呼ぶようにします

/** 開始状態になったら勝手に呼ばれる */
@OnLifecycleEvent(Lifecycle.Event.ON_RESUME)
private fun start() {
    // 加速度センサー
    val sensor = sensorManager.getDefaultSensor(Sensor.TYPE_ACCELEROMETER)
    // センサー登録
    sensorManager.registerListener(
        sensorEventListener,
        sensor,
        SensorManager.SENSOR_DELAY_NORMAL
    )
}

最後にMainActivityを修正して終わりです!

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        GetSensor(this, lifecycle) {
            // X軸を出力
            println(it?.values?.get(0))
        }
    }

}

わあ!すごいスッキリ

実行してLogcatを出してアプリを離れると勝手に出力が終了し、また戻ってくると出力が始まってることが分かるはずです。

全部くっつけたコード

GetSensor.kt

/**
 * 加速度センサーの値取得クラス
 * @param activity Contextとるため
 * @param sensorChanged センサーの値が変更された時に呼ばれる高階関数
 * */
class GetSensor(activity: Activity, lifecycle: Lifecycle, sensorChanged: (SensorEvent?) -> Unit) :
    LifecycleObserver {

    private val sensorManager = activity.getSystemService(Context.SENSOR_SERVICE) as SensorManager
    private var sensorEventListener: SensorEventListener

    init {
        lifecycle.addObserver(this)
        sensorEventListener = object : SensorEventListener {
            override fun onAccuracyChanged(p0: Sensor?, p1: Int) {

            }

            override fun onSensorChanged(p0: SensorEvent?) {
                // 値が変更された
                sensorChanged(p0)
            }
        }
    }

    /** 終了時に勝手に呼ばれる */
    @OnLifecycleEvent(Lifecycle.Event.ON_PAUSE)
    private fun destroy() {
        sensorManager.unregisterListener(sensorEventListener)
    }

    /** 開始状態になったら勝手に呼ばれる */
    @OnLifecycleEvent(Lifecycle.Event.ON_RESUME)
    private fun start() {
        // 加速度センサー
        val sensor = sensorManager.getDefaultSensor(Sensor.TYPE_ACCELEROMETER)
        // センサー登録
        sensorManager.registerListener(
            sensorEventListener,
            sensor,
            SensorManager.SENSOR_DELAY_NORMAL
        )
    }

}

MainActivity.kt

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        GetSensor(this, lifecycle) {
            // X軸を出力
            println(it?.values?.get(0))
        }
    }
}

参考にしました

https://developer.android.com/topic/libraries/architecture/lifecycle?hl=ja