たくさんの自由帳

どうもこんばんわ。

fengがなんと!サウンドトラックを発売するみたいじゃないですか!!!。もう手に入らないと思ってたのにまじ?
一瞬本当か疑ったけどfengの上様がRTしてたのとちゃんと予約開始日に予約できたあたりマジだと思う。値段が安く見える謎

Imgur

http://fengva.com/

本題

どうやら運転免許証にはICが埋め込んであるらしく、NFC Type-Bでやり取りできるらしい?

仕様

警察公式の運転免許証IC仕様書

https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/menkyo/menkyo20210630_150.pdf

URL4んでたら「運転免許証 仕様」とかで検索すればPDFで出てくると思います。
2021/06/30に改定されたバージョン009が現在のバージョンらしい。

なんか警察が公式で公開してるのってなんか意外。無限アラート事件とかCoinhive事件とかやってたくせに。

AndroidでNFCやり取りドキュメント

https://developer.android.com/guide/topics/connectivity/nfc/advanced-nfc?hl=ja

今回はIsoDepクラスを使っていきます(後述)

環境

なまえあたい
端末Xperia 5 Ⅱ
Android11
言語Kotlin

必要なもの?

  • AndroidでNFC搭載の実機
  • 運転免許証
    • 1つ目の暗証番号を覚えている必要があります
    • 本籍の取得は2つ目の暗証番号も必要
    • 暗証番号を3回間違えるとロック(仕様書では閉塞って表現)されるので注意。もっと手軽ならいいのにね。
  • 2進数、10進数、16進数の変換が出来る電卓みたいなアプリ
    • Windows 10に最初から入ってる電卓のプログラマーモードにすればいいです。

運転免許証のICに入っている中身

運転免許証IC仕様書の6ページ目の内容です。仕様書ではなんかタコ🐙の足みたいな絵が乗ってると思います。それです。

  • MF
    • DF1
      • EF01 記載事項(本籍以外。名前とか住所とか)
      • EF02 記載事項(本籍)
      • EF03 外字
      • EF04 記載事項変更等
      • EF05 記載事項変更
      • EF06 記載事項変更
      • EF07 電子署名
    • EF01 PIN 1
    • EF02 PIN 2
    • DF2
      • EF01 写真
    • EF2 PIN設定
    • EF01 共通データ要素
    • DF3
      • EF01

パソコンのファイル構造みたいですね。

今回は DF1のEF01にある記載事項(本籍以外)を取得することを目標に頑張っていきましょう。

運転免許証と通信した際に返ってくるデータについて

運転免許証IC仕様書の8ページ目の内容です。基本符号化TLVとか言われてるそうな。

今回は記載事項を取得するわけですが、記載事項を取得すると氏名、住所、生年月日等全てまとめたバイト配列が返ってきます。以下のように。

タグフィールド長さフィールド値フィールドタグフィールド長さフィールド...
1バイト1バイト長さフィールドを10進数に戻した値分のバイト1バイト1バイト...

長さフィールド

長さフィールドが0x0Aなら10進数に戻した10バイト分が値フィールドの長さであるということです。
値フィールドが終わったら次のデータのタグフィールドが来て、その次の長さフィールドを見て値フィールドの長さを取得して...ってやっていきます。

タグフィールド

運転免許証のICに入っている中身を見てもらうと、住所とか名前はすべてDF1のEF01にある記載事項(本籍以外)にまとめられています。
それだと受け取ったバイト配列のどこからが住所の値で、どこからが名前がわからないため、16進数で出来た目印のようなものです。

住所がなんの16進数の目印になっているかは仕様書に書いてあります。
記載事項を例にすると住所は0x17、名前は0x12です。

値フィールド

値フィールドの中身がテキストなのかそれとも別のなにかなのかを知るには、仕様書に書いてあるタグフィールドの表符 号ってかいてあるのでそこを見ます。
データの内容もここから確認できます。

例:住所 タグフィールド0x17、符号はJIS X 0208。KotlinならSJISを文字コードに指定すればいける。

データ例

記載事項(本籍除く)のデータ例です。
タグフィールドの表は仕様書の11ページ目を見てください。

0x11, 0x01, 0x78, 0x12, 0x0A, 0x00, 0x00 ...

まず、0x11ですが、これは仕様書のタグフィールドの表と照らし合わせると、JIS X 0208 制定年番号で有ることが分かりますね。
そして、次のバイト0x01JIS X 0208 制定年番号の値フィールドの大きさを16進数で表しています。0x01を10進数に変換すると1ですので、この次1バイト分が値フィールドの長さであるということです。
値フィールドが終わった次のバイト0x12は、仕様書のタグフィールドの表を見ると氏名であることが分かります。
そして、その次の0x0A氏名の値フィールドの長さを表しています。0x0Aは10進数に変換すると10ですので、この次から10バイト分は氏名の値フィールドであるということです。

こんな感じに読んでいきます。

運転免許証と通信する際に送るデータについて

運転免許証IC仕様書の20ページ目の内容です。
APDUって形式で送るらしい。

最初のバイト(CLA)は0x00で固定。そこから先は以下のコマンドで変わってくる。

SELECT FILE コマンド

このコマンドはカレントディレクトリを設定するときに使う。cdコマンドみたいな感じ?
2バイト目(INS)が0xA4になります。
3バイト目(P1)以降は使うときになったらまた説明入れます。

VERIFY コマンド

このコマンドは暗証番号を照合するとき、または残り照合可能回数を確認する際にも利用する。
2バイト目(INS)が0x20になる。
3バイト目(P1)は0x00固定です。
4バイト目(P2)以降は使うときになったらまた説明入れます。

READ BINARY コマンド

このコマンドはデータを読み出すときに使う。
2バイト目(INS)が0xB0になる。
3バイト目(P1)以降は使うときになったらまた説明入れます。

JIS X 0208

住所、氏名等の文字はJIS X 0208に沿って、16進数に変換され、保存されます。

長いのやだから三行で

  • JIS X 0208をAndroidで読める形に変換する際に使う文字コードはJISコードで行ける。
  • JIS X 0208で変換されたバイト配列の先頭に0x1B, 0x24, 0x42を入れてから
  • Stringクラスに突っ込む。文字コードはcharset("jis")

JIS X 0208 は 符号化文字集合

Shift_JISとかUTF-8とかの文字符号化方式のお友達ではないです。

符号化文字集合ってのは文字ひとつひとつに番号を割り当てたものです。
文字符号化方式ってのは上記の符号化文字集合をどうやって保存出来る形(バイト配列)にするかを決めてるものです。あとは複数の符号化文字集合を組み合わせたものだったりします。

  • Shift-JIS
    • JIS X 0201JIS X 0208を組み合わせている
    • 組み合わせる際に文字の番号が被らないよう、Shift_JISでは計算をしている
  • ISO-2022-JP / 別名 JISコード
    • JIS X 0211JIS X 0201のラテン文字集合ISO 646JIS X 0208などの符号化文字集合を組み合わせている。
    • こちらは、特定のバイト配列(エスケープシーケンス)を使うことで符号化文字集合を切り替えることが出来る。
      • JIS X 0208に切り替えるエスケープシーケンスは0x1B, 0x24, 0x42
    • 多分エスケープシーケンスで切り替えたら多分切り替えを戻さないと行けない気がするけど、戻さなくても動いてるのでいいか←?

今回はAndroidでも使えて、そのままJIS X 0208の文字集合の値を入れて使えるJISコード(charset("jis"))を使います。

val encodedData = byteArrayOf(0x3c.toByte(), 0x56.toByte()) // "車" を JIS X 0208 にしたもの
val escapeSequence = byteArrayOf(0x1b.toByte(), 0x24.toByte(), 0x42.toByte()) // JIS X 0208に切り替えるエスケープシーケンス
val decodeString = String(escapeSequence + encodedData, charset("jis")) // ISO-2022-JP(JISコード)で戻す
println(decodeString)

流れ

  • Android端末とNFCで接続する。
  • IsoDep#get()でインスタンスを取得。
  • IsoDep#connect()を呼び出して接続します。
  • SELECT FILEコマンドを送信してMFにカレントディレクトリを設定します。
  • VERIFYコマンドを送信して第一暗証番号を認証します。
  • SELECT FILEコマンドを送信してDF1にカレントディレクトリを設定します。
  • READ BINARYコマンドを送信してEF01のデータを読み出します。
  • バイト配列を解析します。
  • IsoDep#close()を呼び出して終了。

以上になります。
今回はついでに残り照合回数と、共通データ要素も読み出してみます。

NfcBじゃないの?

ADPUの送信はIsoDepじゃないとだめらしい。

とりあえず運転免許証と通信するまで

AndroidManifest.xml

NFCの権限が必要です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="io.github.takusan23.jdcardreader">

    <uses-permission android:name="android.permission.NFC" />

activity_main.xml

TextViewを置いておきます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity">

    <TextView
        android:id="@+id/activity_main_text_view"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="0dp"
        android:text="J(apan) D(river) Card Reader"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintEnd_toEndOf="parent"
        app:layout_constraintStart_toStartOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

</androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>

MainActivity.kt

今回はActivityに直接書いちゃいますね。
一応Activityを離れたらNFC検出を止めるようにしてあります。

ByteArray.toHexString()って関数はByteArrayの拡張関数になってて、文字列の16進数に変換してくれる関数です。

こんな風に→println(byteArrayOf(0x63.toByte(), 0xC3.toByte()).toHexString()) // 出力 : 63, c3

これ以降は// ここにコマンドを送信するコードを入れるの次からコードを書いていきます。

package io.github.takusan23.jdcardreader

import android.nfc.NfcAdapter
import android.nfc.Tag
import android.nfc.tech.IsoDep
import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import android.widget.TextView

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    private val textView by lazy { findViewById<TextView>(R.id.activity_main_text_view) }

    /** NFCを検出するのに使う */
    private val nfcAdapter by lazy { NfcAdapter.getDefaultAdapter(this) }

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)


    }

    override fun onResume() {
        super.onResume()
        nfcAdapter.enableReaderMode(
            this,
            { tag ->

                val isoDep = IsoDep.get(tag)
                isoDep.connect()

                // ここにコマンドを送信するコードを入れる

                isoDep.close()

            },
            NfcAdapter.FLAG_READER_NFC_B,
            null
        )
    }

    override fun onPause() {
        super.onPause()
        nfcAdapter.disableReaderMode(this)
    }

    /** 16進数に変換するやつ */
    fun ByteArray.toHexString() = this.joinToString { "%02x".format(it) }

}

MFへカレントディレクトリを設定

運転免許証IC仕様書の20ページ目のMFの選択ってやつをそのまま使います。

送信するコマンド(バイト配列)はこれです。

CLAINSP1P2
0x000xA40x000x00
0x00, 0xA4, 0x00, 0x00

んでもって成功したときに帰ってくるバイト配列はこんな感じです。

SW1SW2
1バイト1バイト
90なら成功00なら成功

失敗時の値は仕様書の23ページに書いてあるので見てください。

Kotlinだとこうです。

// カレントディレクトリをMFにする
val mfSelectCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0xA4.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte()
)
val mfSelectCommandResult = isoDep.transceive(mfSelectCommand)
if (mfSelectCommandResult[0] == 0x90.toByte()) {
    val text = """
        
        ---
        MF選択コマンド 成功
        ${mfSelectCommandResult.toHexString()}
    """.trimIndent()
    textView.append(text)
    println(text)
}

共通データ要素を読んで見る

記載事項は暗証番号が必要で、失敗したらまずいのでとりあえず認証不要な共通データ要素を読んでみます。

カレントディレクトリを共通データ要素へ

送信するコマンドは以下です。
P1 / P2に関しては、運転免許IC仕様書の22ページ目、P1コーディングP2コーディングを参照してください。
今回は、P1カレントDFの直下のEFP2最初又は唯一のファイルを選択を指定しました。 2進数を16進数にして渡すだけです。

Imgur

Leは、この後続くデータフィールドの長さです。今回は0x2F, 0x01で2バイトなので、2を16進数にした0x02(先頭0xつけて1桁なら0で埋める)を渡します。

MF/EF01の共通データ要素のEF識別子0x2F, 0x01なので、Leの次に入れます。

0x00, 0xA4, 0x02, 0x0C, 0x02, 0x2F, 0x01
CLAINSP1P2Leデータフィールドデータフィールド
0x000xA40x020x0C0x020x2F0x01

以下例です。

// カレントディレクトリを共通データ要素に設定する
val mfEf01SelectCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0xA4.toByte(),
    0x02.toByte(),
    0x0C.toByte(),
    0x02.toByte(),
    0x2F.toByte(),
    0x01.toByte(),
)
val mfEf01SelectCommandResult = isoDep.transceive(mfEf01SelectCommand)
if (mfEf01SelectCommandResult[0] == 0x90.toByte()) {
    val text = """
        
        ---
        DF/EF01 共通データ要素 選択コマンド 成功
        ${mfEf01SelectCommandResult.toHexString()}
    """.trimIndent()
    textView.append(text)
    println(text)
}

共通データ要素を読み取る

送信するコマンドは以下です。
P1 / P2に関しては、カレントディレクトリの中身を見るので0x00, 0x00でいいです。
最後のLeですが、共通データ要素の長さは17なので、16進数に変換した0x11を渡せばいいです。

Imgur

0x00, 0xB0, 0x00, 0x00, 0x11
CLAINSP1P2Le
0x000xA40x000x0C0x11

成功した場合は、最後から2番目の値が0x90になっているはずです。

読み取った共通データ要素を解析

運転免許IC仕様書9ページ目参照。

読み取ったバイト配列の最後2つはステータス(成功したかどうか)が入っています。

最初の0x45カード発行者データで、仕様書バージョン(3バイト)、交付年月日(4バイト)、有効期限(4バイト)が連続で入っているそうです。
その次の0x0Bカード発行者データの長さが16進数で入っています。ので、10進数に戻すと1111バイト分がカード発狂者データみたいです。
仕様書バージョンの3バイト分はSJISで変換します。交付年月日(4バイト。YYMMDD)、有効期限(4バイト。YYMMDD)は文字列の16進数にすればいいと思います。

Kotlinだとこうです。

// カレントディレクトリを読み取る
val mfEf01ReadBinaryCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0xB0.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x11.toByte()
)
val mfEf01ReadBinaryCommandResult = isoDep.transceive(mfEf01ReadBinaryCommand)
// 成功した場合、最後から2番目の16進数が0x90
if (mfEf01ReadBinaryCommandResult[mfEf01ReadBinaryCommandResult.size - 2] == 0x90.toByte()) {
    // カード発行者データの長さを取得
    val cardPublisherDataLength = mfEf01ReadBinaryCommandResult[1].toInt() // 多分11
    // 先頭から cardPublisherDataLength 分のバイト配列取得
    val cardPublisherDataBinary = mfEf01ReadBinaryCommandResult.copyOfRange(2, 2 + cardPublisherDataLength)
    // 最初の3バイトが仕様書バージョン(SJIS変換後確認可能)、次の4バイトが交付年月日、次の4バイトが有効期限
    val version = cardPublisherDataBinary.copyOfRange(0, 3).toString(charset("sjis"))
    val publishDate = cardPublisherDataBinary.copyOfRange(4, 7).joinToString(separator = "") { "%02x".format(it) }
    val effectiveDate = cardPublisherDataBinary.copyOfRange(8, 11).joinToString(separator = "") { "%02x".format(it) }
    val text = """
        
        ---
        カレントディレクトリ 読み取りコマンド 成功
        ${mfEf01ReadBinaryCommandResult.toHexString()}
        仕様書バージョン:$version
        発行年月日:$publishDate
        有効期限:$effectiveDate
    """.trimIndent()
    textView.append(text)
    println(text)
}

残り照合可能回数(暗証番号ミスった回数)を取得してみる

後何回暗証番号を間違えることが出来るのか調べてみます。
ちなみに3回間違えると読み取りできなくなります(仕様書曰く)。仕様書では読み取りできない状態のことを閉塞って呼んでいる。
なお運転免許ICが読み取り不可の状態でも運転はできるらしい

残り照合可能回数へ移動する

運転免許IC仕様書24ページ目、残りの照合許容回数の出力指定をそのまま使います。

コマンドは以下です。

CLAINSP1P2
0x000x200x000x81
0x00, 0x20, 0x00, 0x81

P2に関してですが、0x81を指定することで、MF/IEF01(暗証番号1)のEF識別子を指定しています。
多分P20x80(カレントディレクトリを指定)にして、このコマンド実行前にSELECT FILE コマンドMF/IEF01へカレントディレクトリを移動しもいいと思います。

残り照合可能回数を解析する

以下の2バイトが帰ってきます。

0x63, 0xC3

最初のバイトが0x63なら成功です。
それで見てほしいのは0xC3の部分で、最後の3が残り照合可能回数です。
残り2回の場合は0xC2になるということです。

Kotlinで書くとこうです。

// 残り照合可能回数を取得する
val retryCountVerifyCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0x20.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x81.toByte()
)
val retryCountVerifyCommandResult = isoDep.transceive(retryCountVerifyCommand)
println(retryCountVerifyCommandResult.toHexString())
if (retryCountVerifyCommandResult[0] == 0x63.toByte()) {
    val retryCountHex = retryCountVerifyCommandResult.last().toInt() - 0xC0 // 0xC0を引けば最後が残る
    val retryCount = "%x".format(retryCountHex).last() // ffffff03みたいな感じになる、ので最後だけ取得
    val text = """
        
        ---
        残り照合可能回数 読み取りコマンド 成功
        ${retryCountVerifyCommandResult.toHexString()}
        残り照合可能回数:$retryCount
    """.trimIndent()
    textView.append(text)
    println(text)
}

暗証番号を照合する

運転免許証の表面に書いてある情報(顔写真以外)DF1のEF01を読み取るには認証を通過する必要があります。
(表面に書いてあるなら暗証番号の必要性... #とは)

運転免許証IC仕様書24ページ目、照合(Case 3)を使って認証します。
暗証番号の照合にはVERIFYコマンドを送信します。

暗証番号をJIS X 0201に変換する

暗証番号をJIS X 0201へ変換します。

JIS X 0201と数値の相対表を用意しました。

JIS X 0201数値
0x300
0x311
0x322
0x333
0x344
0x355
0x366
0x377
0x388
0x399

例えば暗証番号が「2525」なら、0x32, 0x35, 0x32, 0x35になります。

今回は変換用の関数でも用意しておきましょう。

fun toJIS(c: Char): Byte {
    return when (c) {
        '0' -> 0x30
        '1' -> 0x31
        '2' -> 0x32
        '3' -> 0x33
        '4' -> 0x34
        '5' -> 0x35
        '6' -> 0x36
        '7' -> 0x37
        '8' -> 0x38
        '9' -> 0x39
        else -> 0x00
    }.toByte()
}

それを踏まえて暗証番号を照合するコマンド

これです。
INSVERIFYコマンドなので0x20
P1は固定0x00です。
P2運転免許証IC仕様書24ページ目P2エンコーディングで、短縮EF識別子指定を利用します。暗証番号1はIEF01で、EF識別子0001なので、
P2エンコーディングに照らし合わせると、10000001になります(100は固定)。これを16進数に変換した値を入れます。
Lcは暗証番号の長さです。4バイトなので0x04です。
その後は変換した暗証番号を入れます。

CLAINSP1P2Lc変換した暗証番号1桁目変換した暗証番号2桁目変換した暗証番号3桁目変換した暗証番号4桁目
0x000x200x000x810x04各自各自各自各自
0x00, 0x20, 0x00, 0x81, 0x04, <暗証番号をJIS X 0201で変換した4バイト>

暗証番号が「2525」の場合は以下のようになります。

0x00, 0x20, 0x00, 0x81, 0x04, 0x32, 0x35, 0x32, 0x35

成功した場合は最初の値が0x90になります。

それをKotlinでやるとこうなります。

// 暗証番号1を照合する
val pinCode1CharList = listOf(0, 0, 0, 0) // 各自暗証番号を入力
val pinCode1EncodedList = pinCode1CharList.map { toJIS(it.toString()[0]) }
val pinCode1VerifyCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0x20.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x81.toByte(),
    0x04.toByte(),
) + pinCode1EncodedList
val pinCode1VerifyCommandResult = isoDep.transceive(pinCode1VerifyCommand)
if (pinCode1VerifyCommandResult[pinCode1VerifyCommandResult.size - 2] == 0x90.toByte()) {
    val text = """
        
        ---
        第一暗証番号の照合 成功
        ${pinCode1VerifyCommandResult.toHexString()}
    """.trimIndent()
    textView.append(text)
    println(text)
}

ちなみに閉塞状態になると

0x69, 0x84

が帰ってきます。(暗証番号間違えたまま読み取って閉塞した)

閉塞状態を解除してもらった話

警察署 か 運転免許試験場 で解除してもらえます。

試験場の場合はみどりの窓口行って、受付番号発券して呼ばれるまで待って、呼ばれたら「暗証番号間違えてICカードロックされたので解除してください。」的なことを伝えて、運転免許証を渡せば数十秒後に解除された運転免許証が帰ってきます。
私は暗証番号覚えてるって伝えたから数十秒で終わったけど、暗証番号忘れてる場合はもっと掛かるかもしれない?

警察署の場合はしらん。

記載事項(DF1/EF01)を読み出す

暗証番号の照合を終えたのでやっと読み出せます。
カレントディレクトリをDF1にして、READ BINARYEF01を読み出すようにします。

カレントディレクトリをDF1に設定する

運転免許証IC仕様書22ページ目参照。

コマンドはこうです。SELECT FILEコマンドです。

P1は、P1エンコーディングの表からDF名による直接選択を利用したいので、2進数100であることがわかります。これを16進数にした0x04を渡します。
P2は、P2エンコーディングの表から、最初または唯一のファイルを選択を利用したいので、2進数1100であることがわかります。これを16進数にした0x0Cを渡します。
LCは、DF名の長さをいれます。後述しますが、DF1の選択には16バイト必要なので、10進数16を16進数にした0x10を渡します。
DF1のアプリケーション識別子(AID)なんですが、以下です。運転免許証IC仕様書7ページ目DF1のアプリケーション識別子(AID)参照。

0xA0, 0x00, 0x00, 0x02, 0x31, 0x01, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00
CLAINSP1P2LcDF1のアプリケーション識別子(AID)
0x000xA40x040x0C0x10後述
0x00, 0xA4, 0x04, 0x0C, 0x10, 0xA0, 0x00, 0x00, 0x02, 0x31, 0x01, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00

成功すると、最初の値が0x90になります。

これをKotlinで書くとこう

// カレントディレクトリをDF1へ
val df1SelectCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0xA4.toByte(),
    0x04.toByte(),
    0x0C.toByte(),
    0x10.toByte(),
    0xA0.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x02.toByte(),
    0x31.toByte(),
    0x01.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
)
val df1SelectCommandResult = isoDep.transceive(df1SelectCommand)
if (df1SelectCommandResult[0] == 0x90.toByte()) {
    val text = """
        
        ---
        DF1選択 成功
        ${df1SelectCommandResult.toHexString()}
    """.trimIndent()
    textView.append(text)
    println(text)
}

DF1のEF01(記載事項)を読み出すコマンド

運転免許証IC仕様書26ページ目参照。

長かった。いやまだバイト配列を解析する仕事が残ってるんですが。

以下のコマンドです。READ BINARYP1/P2EF01を指定するので、SELECT FILEで予め移動しておく必要はないです。
P1P2運転免許証IC仕様書26ページ目のP1-P2のコーディング(相対アドレス8ビット指定)の表から、P1EF01短縮EF識別子で指定するため(EF01の短縮EF識別子は0001)、10000001P200000000であることがわかります。
Lcですが、運転免許証IC仕様書7ページ目のファイル構成から、記載事項のファイル容量が880バイトであることがわかるので、10進数880を16進数にした0x370をバイト配列にした0x03, 0x80を渡すんですが、
運転免許証IC仕様書26ページ目のコマンドAPDUを見ると、Lc1バイトか3バイトのどっちかなので、先頭に0x00をいれて3バイトにした0x00, 0x03, 0x80を渡します。

CLAINSP1P2LcLcLc
0x000xB00x810x000x000x030x70
0x00, 0xB0, 0x81, 0x00, 0x00, 0x03, 0x70

成功した場合は、バイト配列の最後から二番目が0x90になります。

これをKotlinで書くとこう。

// 記載事項(DF1/EF01)を読み出す
val df1Ef01ReadBinaryCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0xB0.toByte(),
    0x81.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x03.toByte(),
    0x70.toByte(),
)
val df1Ef01ReadBinaryCommandResult = isoDep.transceive(df1Ef01ReadBinaryCommand)
if (df1Ef01ReadBinaryCommandResult[df1Ef01ReadBinaryCommandResult.size - 2] == 0x90.toByte()) {
    val text = """
        
        ---
        DF1/EF01読み出しコマンド 成功
        ${df1Ef01ReadBinaryCommandResult.toHexString()}
    """.trimIndent()
    textView.append(text)
    println(text)
}

DF1のEF01のバイト配列を読める形に変換する

運転免許証IC仕様書11ページ目参照。
運転免許証と通信した際に返ってくるデータについての説明が役に立つわけですね(くそ分かりにくい)

氏名、住所がどの順番で入っているかは運転免許証IC仕様書の11ページ目の表に書いてあります。

Kotlinのコードは、さっき書いたifの中に書いていってください。以下の// こっからってところから

if (df1Ef01ReadBinaryCommandResult[df1Ef01ReadBinaryCommandResult.size - 2] == 0x90.toByte()) {
    val text = """
        
        ---
        DF1/EF01読み出しコマンド 成功
        ${df1Ef01ReadBinaryCommandResult.toHexString()}
    """.trimIndent()
    textView.append(text)
    println(text)

    // こっから

}

JIS X 0208 制定年番号

最初のデータはJIS X 0208 制定年番号ってのが入っているみたいです。以下例

0x11, 0x01, 0x78

0x11JIS X 0208 制定年番号のタグです。
0x01はその次に来る値フィールドの長さです。今回は0x01を10進数にした1バイト分が値フィールドの長さです。
0x78が値フィールドの中身ですが、78の場合は1978年に制定されたJIS C 6226で符号化されたというわけらしいのですがよくわかりません。
面白くないので飛ばします。

// JIS X 0208
val jisX0208Data = df1Ef01ReadBinaryCommandResult.copyOfRange(0, 3)
val jisX0208 = "%02x".format(jisX0208Data.last())

氏名

次のデータは氏名です。氏名は値フィールドが可変長なので(当たり前)注意してください。以下例

0x12, 0x0A, <JIS X 0208で変換したデータ>

0x12氏名のタグです。
0x0Aが、この後の値フィールドの長さを16進数で表したものです。10進数に戻した値が値フィールドの長さになります。
値フィールドはJIS X 0208で変換しているので、あとで戻します。

JIS X 0208 を読める形に戻す

上の方でも書きましたが、戻すには、JIS X 0208のデータの先頭にエスケープシーケンスとして0x1B, 0x24, 0x42を付けて、JISコードとして変換してあげればいいです。

Kotlinで書くとこうです。(JIS X 0208 制定年番号に書き足す感じで)

// データを解析する
// 現在のバイト配列の位置?
var length = 0

// JIS X 0208
length = 3
val jisX0208Data = df1Ef01ReadBinaryCommandResult.copyOfRange(0, length)
val jisX0208 = "%02x".format(jisX0208Data.last())

// 名前
val nameLength = df1Ef01ReadBinaryCommandResult[length + 1]
val nameData = df1Ef01ReadBinaryCommandResult.copyOfRange(length + 2, length + 2 + nameLength.toInt())
val escapeSequence = byteArrayOf(0x1b.toByte(), 0x24.toByte(), 0x42.toByte())
val name = String(escapeSequence + nameData, charset("jis"))
length += 2 + nameLength.toInt()

val dfEf01FormattedText = """
    
    ---
    JIS X 0208 制定年番号:$jisX0208
    名前:$name
""".trimIndent()
textView.append(dfEf01FormattedText)
println(dfEf01FormattedText)

氏名が出力されたら成功です。おめ
氏と名の間にはスペースが入ってますが仕様です。

見ずらいので関数にまとめる

本当はタグフィールドから値を取得する関数を作れればいいんですが、
タグフィールドで利用している16進数、これ値フィールドでも普通に使われているので多分indexOfとかで検索かけてもうまくいきません。

なんで、住所だけが欲しい場合でも順番に取得していく必要があります。それは面倒なので関数を書いて少しだけでも楽になりましょう。

/**
 * 次のデータを取得する
 * @param currentPos 今の位置。初回時は0?
 * @return Intは、今の位置を返します。2回目以降この関数を呼ぶ際に使ってください、ByteArrayは値フィールドです
 * */
private fun ByteArray.getValueField(currentPos: Int): Pair<Int, ByteArray> {
    // 長さを読み取る
    val length = this[currentPos + 1]
    return currentPos + 2 + length to copyOfRange(currentPos + 2, currentPos + 2 + length)
}

/** JIS X 0208で変換されたバイト配列を戻す */
private fun ByteArray.toJISX0208(): String {
    // 変換する。JISコードで変換できる。JISコードはエスケープシーケンスにより、文字集合を切り替えることができる
    val escapeSequence = byteArrayOf(0x1B.toByte(), 0x24.toByte(), 0x42.toByte()) // JIS X 0208
    return String(escapeSequence + this, charset("jis"))
}

/** JIS X 0201で変換されたバイト配列を戻す */
private fun ByteArray.toJISX0201(): String {
    // 変換する。JISコードで変換できる。JISコードはエスケープシーケンスにより、文字集合を切り替えることができる
    val escapeSequence = byteArrayOf(0x1B.toByte(), 0x28.toByte(), 0x42.toByte()) // ASCII
    return String(escapeSequence + this, charset("jis"))
}

/** JIS X 0201で変換されたバイト配列を戻して、日付形式にする */
private fun ByteArray.toJISX0201DateString(): String {
    // とりあえずJIS X 0201の変換後データを取得
    val valueField = this.toJISX0201()
    val gengo = when (valueField.first()) {
        '1' -> "明治"
        '2' -> "大正"
        '3' -> "昭和"
        '4' -> "平成"
        else -> "令和"
    }
    val year = valueField.substring(1, 3)
    val month = valueField.substring(3, 5)
    val date = valueField.substring(5, 7)
    return "$gengo ${year}${month}${date}日"
}

上記の拡張関数を利用して、制定年番号、氏名を取得する部分を書き換えるとこんな感じ。

var currentPos = 0
// 記載事項を上から順番に取得していく
val byteArrayList = mutableListOf<ByteArray>()
repeat(17) {
    val (pos, data) = df1Ef01ReadBinaryCommandResult.getValueField(currentPos)
    byteArrayList.add(data)
    currentPos = pos
}

// JIS X 0208 制定年番号
val jisX0208 = "%02x".format(byteArrayList[0].last())
// 名前
val name = byteArrayList[1].toJISX0208()
// 読み
val yomi =  byteArrayList[2].toJISX0208()
// 通称名
val tuusyoumei = byteArrayList[3].toJISX0208()
// 統一氏名
val touitusimei = byteArrayList[4].toJISX0208()
// 生年月日
val birthday = byteArrayList[5].toJISX0201DateString()
// 住所
val location = byteArrayList[6].toJISX0208()
// 交付年月日
val registeredAt =  byteArrayList[7].toJISX0201DateString()
// 照会番号
val syoukaiNum = byteArrayList[8].toJISX0201()
// 免許証の色区分
val color = byteArrayList[9].toJISX0208()
// 有効期限
val endTimeAt =byteArrayList[10].toJISX0201DateString()
// 運転免許の条件。メガネなど
val requirement1 = byteArrayList[11].toJISX0208()
val requirement2 = byteArrayList[12].toJISX0208()
val requirement3 = byteArrayList[13].toJISX0208()
val requirement4 = byteArrayList[14].toJISX0208()
// 公安委員会名
val publicSafetyCommissionName = byteArrayList[15].toJISX0208()
// 運転免許証の番号
val cardNumber = byteArrayList[16].toJISX0201()

val dfEf01FormattedText = """
    
    ---
    JIS X 0208 制定年番号:$jisX0208
    名前:$name
    読み:$yomi
    通称名:$tuusyoumei
    統一氏名:$touitusimei
    住所:$location
    生年月日:$birthday
    交付年月日:$registeredAt
    有効期限:$endTimeAt
    照会番号:$syoukaiNum
    色区分:$color
    運転免許の条件1:$requirement1
    運転免許の条件2:$requirement2
    運転免許の条件3:$requirement3
    運転免許の条件4:$requirement4
    公安委員会名:$publicSafetyCommissionName
    運転免許証の番号:$cardNumber
""".trimIndent()
textView.append(dfEf01FormattedText)
println(dfEf01FormattedText)

生年月日、交付年月日等の日付のデータについて

生年月日、交付年月日等の日付に関わるデータはJIS X 0201で保存されており、
変換後の先頭の数字は元号を表しており、明治=1, 大正=2, 昭和=3, 平成=4, 令和=5になります。(運転免許証IC仕様書11ページ目 注6)
その次の二文字は、和暦の年を表しています。
その次の二文字は月、その次の二文字が日になります。

例(今更だけど16進数なので0xをつけました):

0x16, 0x07, 0x34, 0x31, 0x34, 0x30, 0x39, 0x31, 0x33

0x16が生年月日で有ることを表すタグフィールド、
0x07がこの後続く値フィールドの長さです。10進数にした7バイト分が値フィールドの長さになります。
0x34から0x33までが値フィールドの中身です。JIS X 0201で変換できます。

上記のバイト配列を変換した結果です。

4140913

先頭の数字が元号を表しており、4の場合は平成になります。

よって、上記のバイト配列の値は平成14年 09月 13日と表すことが出来ます。

終わりに

全部くっつけたソースコードです。

// 暗証番号1を照合するの部分は各自自分の暗証番号を入力してください。

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    private val textView by lazy { findViewById<TextView>(R.id.activity_main_text_view) }

    /** NFCを検出するのに使う */
    private val nfcAdapter by lazy { NfcAdapter.getDefaultAdapter(this) }

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

    }

    override fun onResume() {
        super.onResume()
        nfcAdapter.enableReaderMode(
            this,
            { tag ->

                val isoDep = IsoDep.get(tag)
                isoDep.connect()

                // ここにコマンドを送信するコードを入れる

                // カレントディレクトリをMFにする
                val mfSelectCommand = byteArrayOf(
                    0x00.toByte(),
                    0xA4.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte()
                )
                val mfSelectCommandResult = isoDep.transceive(mfSelectCommand)
                if (mfSelectCommandResult[0] == 0x90.toByte()) {
                    val text = """
                        
                        ---
                        MF選択コマンド 成功
                        ${mfSelectCommandResult.toHexString()}
                    """.trimIndent()
                    textView.append(text)
                    println(text)
                }

                // カレントディレクトリを共通データ要素に設定する
                val mfEf01SelectCommand = byteArrayOf(
                    0x00.toByte(),
                    0xA4.toByte(),
                    0x02.toByte(),
                    0x0C.toByte(),
                    0x02.toByte(),
                    0x2F.toByte(),
                    0x01.toByte(),
                )
                val mfEf01SelectCommandResult = isoDep.transceive(mfEf01SelectCommand)
                if (mfEf01SelectCommandResult[0] == 0x90.toByte()) {
                    val text = """
                        
                        ---
                        DF/EF01 共通データ要素 選択コマンド 成功
                        ${mfEf01SelectCommandResult.toHexString()}
                    """.trimIndent()
                    textView.append(text)
                    println(text)
                }

                // カレントディレクトリを読み取る
                val mfEf01ReadBinaryCommand = byteArrayOf(
                    0x00.toByte(),
                    0xB0.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x11.toByte()
                )
                val mfEf01ReadBinaryCommandResult = isoDep.transceive(mfEf01ReadBinaryCommand)
                // 成功した場合、最後から2番目の16進数が0x90
                if (mfEf01ReadBinaryCommandResult[mfEf01ReadBinaryCommandResult.size - 2] == 0x90.toByte()) {
                    // カード発行者データの長さを取得
                    val cardPublisherDataLength = mfEf01ReadBinaryCommandResult[1].toInt() // 多分11
                    // 先頭から cardPublisherDataLength 分のバイト配列取得
                    val cardPublisherDataBinary = mfEf01ReadBinaryCommandResult.copyOfRange(2, 2 + cardPublisherDataLength)
                    // カード発狂者データ、最初の3バイトが仕様書バージョン(SJIS変換後確認可能)、次の4バイトが交付年月日、次の4バイトが有効期限
                    val version = cardPublisherDataBinary.copyOfRange(0, 3).toString(charset("sjis"))
                    val publishDate = cardPublisherDataBinary.copyOfRange(4, 7).joinToString(separator = "") { "%02x".format(it) }
                    val effectiveDate = cardPublisherDataBinary.copyOfRange(8, 11).joinToString(separator = "") { "%02x".format(it) }
                    val text = """
                        
                        ---
                        カレントディレクトリ 読み取りコマンド 成功
                        ${mfEf01ReadBinaryCommandResult.toHexString()}
                        仕様書バージョン:$version
                        発行年月日:$publishDate
                        有効期限:$effectiveDate
                    """.trimIndent()
                    textView.append(text)
                    println(text)
                }

                // 残り照合可能回数を取得する
                val retryCountVerifyCommand = byteArrayOf(
                    0x00.toByte(),
                    0x20.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x81.toByte()
                )
                val retryCountVerifyCommandResult = isoDep.transceive(retryCountVerifyCommand)
                println(retryCountVerifyCommandResult.toHexString())
                if (retryCountVerifyCommandResult[0] == 0x63.toByte()) {
                    val retryCountHex = retryCountVerifyCommandResult.last().toInt() - 0xC0 // 0xC0を引けば最後が残る
                    val retryCount = "%x".format(retryCountHex).last() // ffffff03みたいな感じになる、ので最後だけ取得
                    val text = """
                        
                        ---
                        残り照合可能回数 読み取りコマンド 成功
                        ${retryCountVerifyCommandResult.toHexString()}
                        残り照合可能回数:$retryCount
                    """.trimIndent()
                    textView.append(text)
                    println(text)
                }

                // 暗証番号1を照合する
                val pinCode1CharList = listOf(0, 0, 0, 0) // 各自暗証番号を入力
                val pinCode1EncodedList = pinCode1CharList.map { toJIS(it.toString()[0]) }
                val pinCode1VerifyCommand = byteArrayOf(
                    0x00.toByte(),
                    0x20.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x81.toByte(),
                    0x04.toByte(),
                ) + pinCode1EncodedList
                val pinCode1VerifyCommandResult = isoDep.transceive(pinCode1VerifyCommand)
                println(pinCode1VerifyCommandResult.toHexString())
                if (pinCode1VerifyCommandResult[pinCode1VerifyCommandResult.size - 2] == 0x90.toByte()) {
                    val text = """
                        
                        ---
                        第一暗証番号の照合 成功
                        ${pinCode1VerifyCommandResult.toHexString()}
                    """.trimIndent()
                    textView.append(text)
                    println(text)
                }

                // カレントディレクトリをDF1へ
                val df1SelectCommand = byteArrayOf(
                    0x00.toByte(),
                    0xA4.toByte(),
                    0x04.toByte(),
                    0x0C.toByte(),
                    0x10.toByte(),
                    0xA0.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x02.toByte(),
                    0x31.toByte(),
                    0x01.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                )
                val df1SelectCommandResult = isoDep.transceive(df1SelectCommand)
                if (df1SelectCommandResult[0] == 0x90.toByte()) {
                    val text = """
                        
                        ---
                        DF1選択 成功
                        ${df1SelectCommandResult.toHexString()}
                    """.trimIndent()
                    textView.append(text)
                    println(text)
                }

                // 記載事項(DF1/EF01)を読み出す
                val df1Ef01ReadBinaryCommand = byteArrayOf(
                    0x00.toByte(),
                    0xB0.toByte(),
                    0x81.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x00.toByte(),
                    0x03.toByte(),
                    0x70.toByte(),
                )
                val df1Ef01ReadBinaryCommandResult = isoDep.transceive(df1Ef01ReadBinaryCommand)
                if (df1Ef01ReadBinaryCommandResult[df1Ef01ReadBinaryCommandResult.size - 2] == 0x90.toByte()) {
                    val text = """
                        
                        ---
                        DF1/EF01読み出しコマンド 成功
                        データの長さ:${df1Ef01ReadBinaryCommandResult.size}
                    """.trimIndent()
                    textView.append(text)
                    println(df1Ef01ReadBinaryCommandResult.toHexString())
                    println(text)

                    var currentPos = 0
                    // 記載事項を上から順番に取得していく
                    val byteArrayList = mutableListOf<ByteArray>()
                    repeat(35) {
                        val (pos, data) = df1Ef01ReadBinaryCommandResult.getValueField(currentPos)
                        byteArrayList.add(data)
                        currentPos = pos
                    }

                    // JIS X 0208 制定年番号
                    val jisX0208 = "%02x".format(byteArrayList[0].last())
                    // 名前
                    val name = byteArrayList[1].toJISX0208()
                    // 読み
                    val yomi = byteArrayList[2].toJISX0208()
                    // 通称名
                    val tuusyoumei = byteArrayList[3].toJISX0208()
                    // 統一氏名
                    val touitusimei = byteArrayList[4].toJISX0208()
                    // 生年月日
                    val birthday = byteArrayList[5].toJISX0201DateString()
                    // 住所
                    val location = byteArrayList[6].toJISX0208()
                    // 交付年月日
                    val registeredAt = byteArrayList[7].toJISX0201DateString()
                    // 照会番号
                    val syoukaiNum = byteArrayList[8].toJISX0201()
                    // 免許証の色区分
                    val color = byteArrayList[9].toJISX0208()
                    // 有効期限
                    val endTimeAt = byteArrayList[10].toJISX0201DateString()
                    // 運転免許の条件。メガネなど
                    val requirement1 = byteArrayList[11].toJISX0208()
                    val requirement2 = byteArrayList[12].toJISX0208()
                    val requirement3 = byteArrayList[13].toJISX0208()
                    val requirement4 = byteArrayList[14].toJISX0208()
                    // 公安委員会名
                    val publicSafetyCommissionName = byteArrayList[15].toJISX0208()
                    // 運転免許証の番号
                    val cardNumber = byteArrayList[16].toJISX0201()
                    // 他の免許
                    val nirin = byteArrayList[17].toJISX0201DateString()
                    val hoka = byteArrayList[18].toJISX0201DateString()
                    val nisyu = byteArrayList[19].toJISX0201DateString()
                    val oogata = byteArrayList[20].toJISX0201DateString()
                    val hutuu = byteArrayList[21].toJISX0201DateString()
                    val oogatatokusyu = byteArrayList[22].toJISX0201DateString()
                    val oogatazidounirin = byteArrayList[23].toJISX0201DateString()
                    val hutuuzidounirin = byteArrayList[24].toJISX0201DateString()
                    val kogatatokusyu = byteArrayList[25].toJISX0201DateString()
                    val gentuki = byteArrayList[26].toJISX0201DateString()
                    val kanninn = byteArrayList[27].toJISX0201DateString()
                    val oogatanisyu = byteArrayList[28].toJISX0201DateString()
                    val hutuunisyu = byteArrayList[29].toJISX0201DateString()
                    val oogataokusyunisyu = byteArrayList[30].toJISX0201DateString()
                    val kenninnnisyu = byteArrayList[31].toJISX0201DateString()
                    val tyuugata = byteArrayList[32].toJISX0201DateString()
                    val tyuugatanisyu = byteArrayList[33].toJISX0201DateString()
                    val zyuntyuugata = byteArrayList[34].toJISX0201DateString()

                    val dfEf01FormattedText = """
                        
                        ---
                        JIS X 0208 制定年番号:$jisX0208
                        名前:$name
                        読み:$yomi
                        通称名:$tuusyoumei
                        統一氏名:$touitusimei
                        住所:$location
                        生年月日:$birthday
                        交付年月日:$registeredAt
                        有効期限:$endTimeAt
                        照会番号:$syoukaiNum
                        色区分:$color
                        運転免許の条件1:$requirement1
                        運転免許の条件2:$requirement2
                        運転免許の条件3:$requirement3
                        運転免許の条件4:$requirement4
                        公安委員会名:$publicSafetyCommissionName
                        運転免許証の番号:$cardNumber
                        免許の年月日(二・小・原):${nirin ?: "未取得"}
                        免許の年月日(他):${hoka ?: "未取得"}
                        免許の年月日(二種):${nisyu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(大型):${oogata ?: "未取得"}
                        免許の年月日(普通):${hutuu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(大特):${oogatatokusyu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(大自二):${oogatazidounirin ?: "未取得"}
                        免許の年月日(普自二):${hutuuzidounirin ?: "未取得"}
                        免許の年月日(小特):${kogatatokusyu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(原付):${gentuki ?: "未取得"}
                        免許の年月日(け引):${kanninn ?: "未取得"}
                        免許の年月日(大二):${oogatanisyu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(普二):${hutuunisyu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(大特二):${oogataokusyunisyu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(け引二):${kenninnnisyu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(中型):${tyuugata ?: "未取得"}
                        免許の年月日(中二):${tyuugatanisyu ?: "未取得"}
                        免許の年月日(準中型):${zyuntyuugata ?: "未取得"}
                    """.trimIndent()
                    textView.append(dfEf01FormattedText)
                    println(dfEf01FormattedText)

                }


                isoDep.close()

            },
            NfcAdapter.FLAG_READER_NFC_B,
            null
        )
    }

    override fun onPause() {
        super.onPause()
        nfcAdapter.disableReaderMode(this)
    }

    /** 16進数に変換するやつ */
    private fun ByteArray.toHexString() = this.joinToString { "%02x".format(it) }

    /**
     * 次のデータを取得する
     * @param currentPos 今の位置。初回時は0?
     * @return Intは、今の位置を返します。2回目以降この関数を呼ぶ際に使ってください、ByteArrayは値フィールドです
     * */
    private fun ByteArray.getValueField(currentPos: Int): Pair<Int, ByteArray> {
        // 長さを読み取る
        val length = this[currentPos + 1]
        return currentPos + 2 + length to copyOfRange(currentPos + 2, currentPos + 2 + length)
    }

    /** JIS X 0208で変換されたバイト配列を戻す */
    private fun ByteArray.toJISX0208(): String {
        // 変換する。JISコードで変換できる。JISコードはエスケープシーケンスにより、文字集合を切り替えることができる
        val escapeSequence = byteArrayOf(0x1B.toByte(), 0x24.toByte(), 0x42.toByte()) // JIS X 0208
        return String(escapeSequence + this, charset("jis"))
    }

    /** JIS X 0201で変換されたバイト配列を戻す */
    private fun ByteArray.toJISX0201(): String {
        // 変換する。JISコードで変換できる。JISコードはエスケープシーケンスにより、文字集合を切り替えることができる
        val escapeSequence = byteArrayOf(0x1B.toByte(), 0x28.toByte(), 0x42.toByte()) // ASCII
        return String(escapeSequence + this, charset("jis"))
    }

    /**
     * JIS X 0201で変換されたバイト配列を戻して、日付形式にする
     * @return nullの場合は不正な値の場合(例えば普通免許以外持っていない場合は00000なのでそのときはnullを返します。)
     * */
    private fun ByteArray.toJISX0201DateString(): String? {
        // とりあえずJIS X 0201の変換後データを取得
        val valueField = this.toJISX0201()
        // 持ってない免許の場合は (元号)000000 なので
        if (valueField.contains("000000")) return null
        val gengo = when (valueField.first()) {
            '1' -> "明治"
            '2' -> "大正"
            '3' -> "昭和"
            '4' -> "平成"
            else -> "令和"
        }
        val year = valueField.substring(1, 3)
        val month = valueField.substring(3, 5)
        val date = valueField.substring(5, 7)
        return "$gengo ${year}${month}${date}日"
    }

    /** 数値文字をJIS X 0201にエンコードする */
    private fun toJIS(c: Char): Byte {
        return when (c) {
            '0' -> 0x30
            '1' -> 0x31
            '2' -> 0x32
            '3' -> 0x33
            '4' -> 0x34
            '5' -> 0x35
            '6' -> 0x36
            '7' -> 0x37
            '8' -> 0x38
            '9' -> 0x39
            else -> 0x00
        }.toByte()
    }

}

番外編 本籍を読み出す

本籍を読み出すには、暗証番号2の照合を通過する必要があります。

// MFを選択する
val pin2MfSelectCommandResult = isoDep.transceive(mfSelectCommand)

// IEF02(暗証番号2)を指定したVERIFYコマンドを送る
val pinCode2CharList = "0000".toCharArray() // 各自暗証番号を入力
val pinCode2EncodedList = pinCode2CharList.map { toJIS(it.toString()[0]) }
val pinCode2VerifyCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0x20.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x82.toByte(), // IEF02選択
    0x04.toByte(),
) + pinCode2EncodedList
val pinCode2VerifyCommandResult = isoDep.transceive(pinCode2VerifyCommand)

// 本籍を読み出すためにDF1へ移動
val pin2Df1SelectCommandResult = isoDep.transceive(df1SelectCommand)

// 本籍(DF1/EF02)を読み出す
val df1Ef02ReadBinaryCommand = byteArrayOf(
    0x00.toByte(),
    0xB0.toByte(),
    0x82.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x00.toByte(),
    0x03.toByte(),
    0x70.toByte(),
)
val df1Ef02ReadBinaryCommandResult = isoDep.transceive(df1Ef02ReadBinaryCommand)
if (df1Ef02ReadBinaryCommandResult[df1Ef02ReadBinaryCommandResult.size - 2] == 0x90.toByte()) {
    val honsekiLength = df1Ef02ReadBinaryCommandResult[1]
    val honsekiData = df1Ef02ReadBinaryCommandResult.copyOfRange(2, 2 + honsekiLength)
    honseki = honsekiData.toJISX0208()
}

面倒なので

ライブラリ書きました。多分簡単に使えます。

https://github.com/takusan23/JDCardReaderCore

使い方はREADME https://github.com/takusan23/JDCardReaderCore/blob/master/README.md 読んでください。

参考にしました

ありがとうございます

https://qiita.com/treastrain/items/f95ee3f99c6b6111e999
https://qiita.com/ikazayim/items/2e9b8bdca96db6bf34cb
https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/menkyo/menkyo20210630_150.pdf

終わりに

選択不可のPDFもFirefoxなら選択出来ます。

8月一瞬で終わった気がするんだけどなに?